そもそも結婚する意味って何なの?

結婚する意味についてですが、いろんな事での安心感を求めることにあるのではないでしょうか。
最初は誰もが、相手と共に生きていきたいという夢を持っていることでしょう。
恋愛して好きになった相手と結婚をし、明るい家庭を持ち、子供を作り、死がふたりを分かつまで共に老いていくというのが気持ちの根底にあるものだと思われます。
と言ってもそこまで相手を愛してということは実際どれぐらいあるのか、ということが気になります。
結婚は好きなだけでは成立しにくく、経済的に家庭をもって生活していけるのかが重要ポイントになります。
ましてやもともとは他人、恋愛中と違って、何年も一緒に暮らしていると飽きてきます。
あまりにも自分の全てをさらけ出してしまうためお互い見たくないところまで見ることになり、嫌気がさしてきます。
しかし、同棲している場合、意外とうまく行く場合も多いです。
たった一枚の書類によって縛られたお互いに所有物のような感覚をもつ生活と比べると、同棲の生活は恋愛の延長のようなもの、他人意識がどこかにあるので、お互いプライベートなことにはズケズケと入り込まないですし、親しくてもどこかに遠慮があるので、自由で新鮮な感覚を持ち続けることができます。
書類上の約束を交わしていない分、いつまでも恋愛状態です。
しかしそのことにより、簡単に分かれてしまうかもしれないという不安な考えもあるため、常にちょっぴり緊張感がある生活にはなります。
ただ今の一般的な考え方だと、二人の時は好きな形で生活をすれば良いのですが、子供が出来たときはどうするのかが大問題です。
やはり子供は可愛いものです。
責任と自分のものにしたい気持ちとから同棲生活を卒業する方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。
人生は結婚が幸せの全てではありません。
何かしら目標を持ちその夢に向かって精進したい方には向いていないでしょうし、自由を求める人にも向いているようには思えません。
ただ正式な家族がいると切っても切れない縁があるので、離婚しない限り支えあっていける安心感があります。
そのような安心感を求めるところに結婚の意味があるのではないでしょうか。
一生続く精神的な安心感と経済的な安心感、この中には、責任とお互いの束縛も含まれます。
このことに価値がある人には結婚が向いているのでしょうが、そうでない人には、自分の将来をどうしたいのかシッカリと考えた方が良いのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です