サプライズプロポーズは有りなのか?

恋愛のボルテージが最高潮に上がった時に行われるプロポーズですが、昨今、サプライズ要素を加えて行われることも珍しくありません。
しかし、もしも、そうしたサプライズを考えているのであれば、本当にそれが相手に喜んでもらえることなのかどうかをきちんと想像しなければいけません。
なぜなら、こうしたことを喜ぶタイプの人もいれば、その逆のタイプの人もいるからです。
もしも、サプライズが嫌いなタイプの相手にしてしまうと、最悪の場合、相手の恋愛感情が冷めてしまい、その関係すら終わってしまう可能性もあるため、注意が必要です。
例えば、昨今、流行っている多くの人を巻き込んで行うフラッシュモブのようなプロポーズは、特に相手を選ぶやり方といえます。
もちろん規模の大きなイベント事が大好きな相手であれば、多くの人から祝福を受けながらのプロポーズに喜びや感動を覚えることもあるでしょうが、驚きはしても喜びより恥ずかしいという感情の方を強く感じる方も少なくありませんし、二人きりのイベントにしてほしかったとがっかりされる可能性もあるのです。
ですので、こうした方法を喜んでくれるかどうかを考えることが大切なのです。
ただプロポーズを考えるほどの相手であれば、これまでの恋愛関係の中でどのようなことを喜んでくれるかどうかを把握することはできるはずです。
ですので、一度、これまでの関係を振り返って、有りなのかなしなのかを考えるとよいでしょう。
また内容によっては有りというケースもあるはずです。
例えば、指輪を用意してタイミングを見計らって渡すという方法も相手に内緒で指輪を用意していればサプライズといえるでしょう。
昔から行われてきている古典的な方法ですが、だからこそ、成功率も高く、大きなサプライズは喜んでくれそうにない相手であっても、受け入れて喜んでもらえる可能性が高い方法といえるのです。
プロポーズをする上で大切なことは相手を驚かせることではありません。
自分がどれだけ相手を思っているのかを伝え、ともに歩んでいきたいという気持ちを伝えることが最も大切なことといえます。
この優先順位を間違えてしまうと、ただ自分本位のパフォーマンスと受け取られてしまうことにもなりかねませんので、これまでの恋愛イベントにおいての相手の反応などを思い返して、どの範囲までなら許容できるのかを見極めた上で、どのような方法でプロポーズを行うのかを考えるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です