プロポーズを断る理由ってどんなものがある?

男性にとってプロポーズというのは大きな勝負です。
交際中の彼女であれば、喜んで受け入れてくれるだろうと思いながらも、心のどこかで「断られたらどうしよう」という不安も抱いています。
実際に女性がプロポーズを断ることは珍しいことではありません。
2人の男女が恋愛し、離れたくないほど愛し合っている場合には結婚を断る理由などないでしょう。
これは若い世代のカップルが多い傾向にあります。
つまり恋愛と結婚がイコールで結びついているということです。
しかし年齢を重ねていくと、恋愛と結婚がイコールではなくなってきます。
どんなに相手の男性のことが好きでも、価値観が合わなかったり、一緒に暮らすとなると苦労しそうだと感じると、恋愛対象として見ることができても結婚の対象としては見られないという風に恋愛と結婚を別物で考えるようになります。
多くの女性が男性に求める結婚の条件として、まずあげられるのは経済力です。
結婚するということは2人で1つの家庭を築いていくということなので、生活をしていけないようであればどんなに好きであっても結婚することはできません。
仕事をしていない、または仕事をしていてもフリーターであるというような相手からプロポーズをされても、素直に喜ぶことはできないのです。
その他にも結婚に縛られたくないという理由もあります。
女性の社会進出が著しい今日においては、仕事にやりがいを見出している女性もたくさんいます。
結婚してしまうと、家事もやらなければならないため仕事に集中することができませんし、またいずれは子どもがほしいと男性が言ってしまっては、女性は仕事を続けることが難しくなってしまいます。
社会の中に自分の立場を確立したい、やりがいのある仕事を続けたいというのもプロポーズを断る理由として多いのが実際です。
この2つが断る理由として多いのですが、その他にも相手の家族と相性が悪い、相手の男性と結婚を考えるほど深い愛情を持っていないなど様々な理由があります。
男性はプロポーズのタイミングを自分中心に考えてしまいがちです。
仕事が安定してきたから、貯金がたまったから、子どもも欲しいし結婚して両親を安心させたいからなど様々な思いがきっかけとなってプロポーズを実行します。
しかしタイミングを誤ればいくら大好き同士の中であっても断られる可能性があります。
成功率をあげたいのであれば、どのような婚約指輪にするかを悩む前に彼女のことを考えてあげるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です