夫婦別姓の結婚メリット・デメリット

恋愛をし、結婚に至った場合、どちらかの姓を名乗ることが、日本では一般的になっています。
しかし近年では海外の夫婦のように、夫婦別姓で名乗りたいという人も見られます。
夫婦別姓の結婚にはメリットもデメリットも存在しています。
両方を理解したうえで、どちらを選ぶか検討するようにしましょう。
まずは夫婦別姓のメリットです。
まず一つに、通帳やパスポート、住民票などの、姓が変わった時には行わなければならない手続きを変更しなくてもよいということが挙げられます。
仕事の際にも、そのままの名前を使用するとなるので、名刺などを作り変える必要もないでしょう。
もしも自分の名前が変わった名字で、初めて会った人にでも覚えてもらいやすかったり、愛着のある名字の場合には変えたくないと思う人もいるでしょう。
また仕事などで、結婚したから名前が変わったというような挨拶や、説明をする手間も省くことができます。
特にプライベートをあまり公にしたくないと考える人には、夫婦別姓を選ぶことで、プライバシーをしっかりと守ることができるしょう。
恋愛結婚の際に、離婚したことを考えるのはあまりしたくないことですが、もともと名前を変えなければ、たとえ離婚をしても、周囲に知られずに済むでしょう。
次にデメリットです。
日本の習慣として、どこの家に属し、どこの家を守っていくかということが、家族に対する考え方といえます。
そのため夫婦同姓が昔からとられてきました。
人間は社会の一員であるとともに家族です。
そのため生まれてきた子供が、物心がついたときに、自分のお父さんとお母さんの姓が違うと、自分はどちらの人間なのかと混乱してしまう可能性があります。
同じ家族なのに、性が違うことで、何かしらの手続きを行う際にも、証拠となる資料を提出しなければならないかもしれません。
また、配偶者控除などのさまざまな手当てを申請することができないというデメリットもあります。
海外では当たり前のように夫婦別姓がとられている国もありますが、それが必ずしも日本で通用するとは限りません。
現在の日本でそれを実現させるためには、恋愛期間のまま入籍せずに、事実婚状態にするしかありません。
しかしこの場合、二人の間に生まれてきた子供が、どちらの姓で名乗ればよいのか面倒なことにもなります。
わざわざこのような方法をとらなくても、仕事の際には旧姓のまま仕事を続けることもでき、実際にその方法をとっている人は大勢います。
もしも夫婦で別姓にすることにこだわっているのであれば、恋愛して結婚する前に自分がどのような考えを持っているのかを説明し、よく話し合うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です