彼にプロポーズされたい…さりげないアピール方法とは

恋愛期間がそこそこになればいよいよ結婚についても意識し始めるものです。
しかしながらいくら恋愛期間が延びようとも、彼氏の方からなかなかプロポーズをしてくれないと悩みの人もいることでしょう。
そんな時には彼女の方からそれとなくアプローチをしてみるのが良いかもしれません。
アプローチの方法は様々あるのですが、ひとつに二人の未来についてさりげなく話をしてみることです。
未来を話し合うということは、即ち結婚をプロセスとして踏む必要がありますから、彼氏もなんとなく意識するようになるはずです。
特に恋愛期間も十分にあり、お互いの関係にこなれてきているようなら余計に意識せざるを得ません。
また、彼女の方から将来のことについて切り出すことで、彼氏との結婚を望んでいるというさりげないアピールをすることができ、勘が鈍くない彼氏なら気持ちにも気づいてくれることでしょう。
ただし、恋愛期間が短いにも関わらずいきなり将来の話をしてしまうのは良くありません。
物事にはタイミングがあり、時期尚早の時に将来のことを切り出してしまうと、重たい女と見られてしまいかねないのです。
いくら結婚をしたくてもアプローチのタイミングを誤ると失敗をしますので注意しましょう。
出産適齢期についてそれとなく切り出すのもプロポーズを引き出すためのコツです。
将来に子供を望む場合、女性からすると気になるのが年齢です。
ですから早く結婚をし、産める時に産んでおきたいと考える女性は少なくありません。
しかしながら男性からすると、その点について少し鈍くなっていることもあります。
ですから彼女の方からタイムリミットが迫ってきていることをアピールしてみると良いでしょう。
彼女の気持ちを汲んでくれる彼氏なら、女性として切実な不安を感じている気持ちを分かってくれるはずですし、そろそろプロポーズをされたいという気持ちも理解してくれるのではないでしょうか。
周りで既婚者が増えていることをアピールするのもひとつの手です。
女性からすると、周りで結婚をする人が増えてくると焦るところもあるものですが、その気持ちを利用して彼氏にアプローチしてみましょう。
とは言え直球で結婚をしたい気持ちを伝えると重く感じさせることもありますので、それとなく周りで結婚をする人が増えてきている現状を伝えてみると良いでしょう。
また、あまりさりげなくはないものの、「結婚ができていいな~」と思っている気持ちを素直に出せば、鈍い彼氏でも分かってくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です