結婚式の準備で喧嘩するカップルが多いのはなぜ?

恋愛感情が高まって、この人とずっと一緒にいたい、共に未来を歩んでいきたい、そう思った時にひとつのゴールとして結婚を考えるはずです。
そしてだいたいのカップルは結婚式を挙げる流れになりますが、この時に注意が必要となってきて、実は準備段階で喧嘩して別れてしまう、そういったケースは少なくありません。
それではどうしてそんなトラブルの発展してしまうのか、理由の一つとして男女の思考回路の違いが出てきます。
女性の場合、式に対して夢や憧れを抱いている人が多く、そのためには時間をかけて式場を見て回り、決定してからも式そのものから披露宴、二次会などまで細かく内容を決めていくことが多いです。
対して男性にとっては面倒くさいものという認識が強く、無難に終わればいいという考えになります。
これは性格によって異なってきますが、傾向としてはこういう分類になってしまい、この思考の差が喧嘩の原因となってしまう場合が多いです。
そして結婚式というのは女性にとっては愛情の集大成でもあり、そこで男性側にやる気が見られないと、恋愛感情がなくなったと勘違いする、いい加減だと思ってしまうなど、マイナス方面に気持ちが向かってしまうのです。
原因の中には新婚生活という新しい暮らしが待っていることに対する不安も含まれていて、いわゆるマリッジブルーにも近くなってしまいます。
それだけに自分でも制御できない苛立ちに襲われることがあり、幸せの絶頂にいながらも最悪なところ別れてしまう危機に陥ってしまうのです。
もっとも小さな喧嘩くらいなら新しい生活をはじめる前に行っておくのも良く、恋愛感情に支配されている時は脳が浮かれていますが、式の準備は現実を直視するので改めて相手を知ることもできます。
恋人としての恋愛期間は短いですが、夫婦となっての生活は長いです。
まずは結婚式の準備で意見をぶつけ合ってみるのもよく、本当にこの先も夫婦として暮らしていきたいと互いに願っているなら、喧嘩になっても仲直りはできるはずです。
互いに気遣うのは良いですが、遠慮をしていては何時か爆発してしまうので、本音をするきっかけにするのも悪くはありません。
男女の考え方には違いがあるので、そういったことを知っておくとお互いに苛立たずに済みます。
これから夫婦になるといっても、互いに育ってきた環境が違う別の人間です。
相手の気持ちを尊重して寄り添っていく、そういったささやかな気遣いが式の準備だけではなく、今後の新婚生活も上手くいくコツになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です