どうして!?結婚できない原因

結婚できない原因を、特定するのは大変難しいです。
気に入った人に出会ってもまず恋愛に発展しないのか、恋愛の状態にはなるが結婚まで持ってっていけないのか、また異性に出会うチャンスそのものが本当にない方もいることでしょう。
気に入った人がいて恋愛に発展しない場合は、相手の方の好みではないと思われます。
好きになった方が頑張ってうまくいく場合もありますが、やはり第一印象は後々まで引きずることが多いです。
次に、恋愛の状態になるがそれ以上に発展しない場合についてですが、まず自分自身が相手に合わなくなる場合があります。
これについては仕方がありません。
しかし相手に結婚という気持ちが芽生えない場合については、はっきりとした何かしらの理由がある場合は別として、そうでない場合は相手に決心をさせられないという、それこそ何かの原因があるはずです。
自分はしたいのに相手にはその気がないというのは、相手がとんでもない人でない限り、自分自身に何らかの問題がある場合が多いです。
自分自身では多分気づく事の出来ない何かなのかもしれません。
自分に強い想いがあるならば、一度思い切って相手に気持ちをぶつけてみても良いかもしれません。
もしかしたら、うまく道が開けるかもしれません。
逆に、そのことによって仲がギクシャクすることになり、二人の仲がダメになることもあるかもしれません。
別れてしまうリスクがありますので、良く考えて行動して下さい。
ただ、結婚願望が強いのにいつまでもだらだらとはっきりしないのも辛いでしょう。
普段の生活で、相手の方に見栄を張ったり、自分のプライドで素直になれなかったりしていませんか。
結婚を決めていく人たちの中には、必死にあいてを探し、チャンスを逃さず、がむしゃらに頑張って成功させている人も結構います。
ただそのような人たちは、決してプライドが高くありません。
自分の気持ちに素直で一生懸命なので、相手に方も自然に意識するようになるのでしょう。
最後に出会いというものがほとんどない方は、やはりお見合いを考えて下さい。
お見合いは、少し面倒くさいものがありますが、結婚を前提とした、一番近道のチャンスです。
相手に会った後は恋愛と同じですから、自分自身の気持ちに素直になり、一生懸命相手を思いやればきっとゴールは見えてきます。
原因は相手にではなく自分にある場合が多いので、まず自分自身を見つめ直し素直になれば、先は明るいのではないでしょうか。

そもそも結婚する意味って何なの?

結婚する意味についてですが、いろんな事での安心感を求めることにあるのではないでしょうか。
最初は誰もが、相手と共に生きていきたいという夢を持っていることでしょう。
恋愛して好きになった相手と結婚をし、明るい家庭を持ち、子供を作り、死がふたりを分かつまで共に老いていくというのが気持ちの根底にあるものだと思われます。
と言ってもそこまで相手を愛してということは実際どれぐらいあるのか、ということが気になります。
結婚は好きなだけでは成立しにくく、経済的に家庭をもって生活していけるのかが重要ポイントになります。
ましてやもともとは他人、恋愛中と違って、何年も一緒に暮らしていると飽きてきます。
あまりにも自分の全てをさらけ出してしまうためお互い見たくないところまで見ることになり、嫌気がさしてきます。
しかし、同棲している場合、意外とうまく行く場合も多いです。
たった一枚の書類によって縛られたお互いに所有物のような感覚をもつ生活と比べると、同棲の生活は恋愛の延長のようなもの、他人意識がどこかにあるので、お互いプライベートなことにはズケズケと入り込まないですし、親しくてもどこかに遠慮があるので、自由で新鮮な感覚を持ち続けることができます。
書類上の約束を交わしていない分、いつまでも恋愛状態です。
しかしそのことにより、簡単に分かれてしまうかもしれないという不安な考えもあるため、常にちょっぴり緊張感がある生活にはなります。
ただ今の一般的な考え方だと、二人の時は好きな形で生活をすれば良いのですが、子供が出来たときはどうするのかが大問題です。
やはり子供は可愛いものです。
責任と自分のものにしたい気持ちとから同棲生活を卒業する方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。
人生は結婚が幸せの全てではありません。
何かしら目標を持ちその夢に向かって精進したい方には向いていないでしょうし、自由を求める人にも向いているようには思えません。
ただ正式な家族がいると切っても切れない縁があるので、離婚しない限り支えあっていける安心感があります。
そのような安心感を求めるところに結婚の意味があるのではないでしょうか。
一生続く精神的な安心感と経済的な安心感、この中には、責任とお互いの束縛も含まれます。
このことに価値がある人には結婚が向いているのでしょうが、そうでない人には、自分の将来をどうしたいのかシッカリと考えた方が良いのかもしれません。

結婚に最適なタイミングは存在するのか

現代では、結婚適齢期を過ぎてもなかなか異性と知り合うチャンスが少ないと嘆いている独身男女が増えています。
多くの人が自分の人生プランに合わせてぴったりのタイミングで幸せな結婚がしたいと望んでいるのです。
しかし、恋愛は自分だけの考えではなくパートナーとの関係も大きく関わってきます。
こちらが結婚したいと望む時に相手も同じ考えとは限りません。
仕事に夢中で今はまだ結婚は考えられないと感じている人も多く、恋人同士が同じ意見になるタイミングが難しいのです。
そのため、幸せになりたいと願いながらもなかなか籍を入れられないカップルも年々増加傾向にあります。
付き合っている時にはお互いに恋愛を楽しむことがメインです。
デートで手を繋いだりキスするときにドキドキすることで、恋愛の喜びや愛情を感じられます。
しかし、その後の2人の関係がどのような結末に向かうかは2人にしかわかりません。
一生共に過ごすために結婚の決断をするのか、このままズルズルと付き合い続けて独身生活が長引くのか2人がじっくりと話し合うことによって解決することになります。
最適なタイミングは人それぞれ大きく異なります。
ある人にとっては付き合い始めてまだ半年しか経過していなくても、一生添い遂げたいと思えるほど大切な相手と出会ってしまったからすぐに入籍をする人もいます。
その一方、本当にこの相手で良いのか判断できずに何年も関係を続けているカップルもいるのです。
恋愛には、これという正解はひとつではありません。
カップルによって重要視するポイントはそれぞれ全く違います。
そのため、仕事を最優先にする場合や、自分の恋人を何よりも第一に考えて将来を決断する人もいるのです。
周りの家族や友人の言葉に影響を受けて悩んでしまう人も最近では多くなってきています。
将来の不安を考えると、共に歩むパートナーを手に入れたいと若いうちから考えて婚活している人も現代では増えているのです。
自分たちの今後のライフスタイルを十分に見据えた上で、どのタイミングで結婚するかが何よりも重要な決定方法といえます。
このように、多くのカップルたちにとって一生を左右する大事な決断ですので、2人で今後についてよく話し合いをしてから納得した上で決めることで後悔のない選択ができるのです。
幸せになるための最適なタイミングは、結局は自分たちが決めることが正しいといえます。
多くの夫婦がそうした葛藤や悩みを乗り越えて家族を作っているのです。

結婚式場の種類と選び方

二人の恋愛の最終目的地でもある結婚。
一言で結婚式場と言っても、いろいろな種類があることをご存じでしょうか。
結婚式場として選ばれる会場としては、大きく分けると、レストラン、ホテル、専門の結婚式場、ゲストハウスの4つの種類が挙げられます。
まずレストランウエディングです。
レストランの特徴としては、料理がおいしい、アットホームな雰囲気で式をあげることができる、貸し切りができるなどの特徴があります。
近年では個室や控え室などの設備を備えているレストランも多く、式を行った後にも恋愛の記念日などに利用することができます。
普段はレストランとして使用されているので、料理の味は申し分ないといえます。
次にホテルです。
ホテルを利用する最大のメリットは、設備が充実していること、ホスピタリティーと言えるでしょう。
遠方から来るゲストは、来るだけでも疲れてしまうものですが、そのような人も式の前後には館内でゆっくりと過ごすことができるでしょう。
広々とした空間はホテルならではと言えます。
また宿泊できるということも大きな魅力といえるでしょう。
次に専門式場です。
婚礼専用の施設であるため、専門のスタッフが対応してくれることがポイントです。
映像や音響を使った演出がしっかりとできたり、近年のトレンドをいち早く取り入れたプランも利用することができます。
テイストの異なる個性的な会場が多いので、自分たちの恋愛のイメージにぴったり合った会場を選ぶことができるでしょう。
最後にゲストハウスです。
広い庭やプール付きの邸宅を丸ごと貸し切れるのが魅力といえます。
自分の家にゲストを招待したような気分で、自由なスタイルのパーティーをすることができます。
会場全体を自分たちらしくコーディネートすることができるので、自由度も高く、オリジナリティーある演出やコーディネートが可能です。
結婚式場と一言で言い表しますが、実はこのようにそれぞれに個性があることがわかります。
種類がわかったら、次に選び方が重要になります。
まずは二人で、テーマや優先順位、スタイルなどについて話し合いを行いましょう。
それと照らし合わせることで、自分たちの恋愛にぴったりの会場が見えるはずです。
気になる種類が複数あるのであれば、見学に行ってから決めるのもよいでしょう。
それぞれの種類の会場に目移りすることと思いますが、二人のやりたいことを一度確認して、会場選びを進めていくとよいでしょう。

絶対失敗しない結婚指輪の選び方

恋愛を始めたら、その先で考える可能性が出てくるのが結婚です。
この時に、しっかりと考えておきたいのが、指輪の選び方です。
年齢が若い人の場合、恋愛の延長線上というイメージを持つ人も多いでしょう。
その為、恋愛気分で、可愛いものを選びたい、お洒落なものを選びたいと考える人も少なくありません。
現在は、とても様々なデザインが用意されており、可愛いものやお洒落なものも多くありますが、選ぶ時には、この先の長い人生について考えておく事が重要になってきます。
恋愛を楽しみたい年齢の間は、可愛くお洒落なものを好む人も多いでしょう。
ですが、一緒に生活をしていく間に、見た目は徐々に変化をしていく事になります。
若い人に似合うデザインであっても、ある程度の年齢になってくると、似合わないようになってくる事も少なくありません。
プラチナのように良い素材を使ったアクセサリーであれば、年齢に関わらず身につける事ができるというイメージを持つ人もいますが、年齢に合ったデザインというのも存在します。
特に、可愛いデザインの場合は、若い人に似合うように作られており、年齢と共に似合わないようになっていき、場面によってはつけにくいと感じてしまう可能性があります。
可愛いデザインが似合う期間よりも、その先の期間の方が遥かに長い事が一般的です。
ですから、結婚指輪を購入する時には、その時に似合うデザインではなく、これから先、何十年も身につけていく事ができるデザインのものを選んでおく事がおすすめです。
その為には、シンプルなデザインを選んでおく事が有効です。
シンプルなデザインが良い理由のひとつに、仕事や家事、子育ての時に邪魔にならないという事があります。
可愛いデザインや大きな宝石がついたようなデザインのものを選ぶと、仕事や家事、子育ての時に邪魔に感じてしまう可能性があります。
常に身につけていたいと考えるのであれば、日常生活で邪魔にならないデザインがおすすめです。
若い人の場合、シンプルなデザインは物足りないと考えてしまう事も珍しくありません。
華やかさも求めるのであれば、婚約指輪と重ねづけしやすいデザインを選んでおく事がおすすめです。
とてもシンプルなものであっても、婚約指輪と重ねづけをすれば、とても華やかな印象になります。
ですから、結婚指輪自体は、何十年経っても、変わらず身につけていく事ができるデザインのものを選んでおく事がおすすめです。

結婚式の準備で喧嘩するカップルが多いのはなぜ?

恋愛感情が高まって、この人とずっと一緒にいたい、共に未来を歩んでいきたい、そう思った時にひとつのゴールとして結婚を考えるはずです。
そしてだいたいのカップルは結婚式を挙げる流れになりますが、この時に注意が必要となってきて、実は準備段階で喧嘩して別れてしまう、そういったケースは少なくありません。
それではどうしてそんなトラブルの発展してしまうのか、理由の一つとして男女の思考回路の違いが出てきます。
女性の場合、式に対して夢や憧れを抱いている人が多く、そのためには時間をかけて式場を見て回り、決定してからも式そのものから披露宴、二次会などまで細かく内容を決めていくことが多いです。
対して男性にとっては面倒くさいものという認識が強く、無難に終わればいいという考えになります。
これは性格によって異なってきますが、傾向としてはこういう分類になってしまい、この思考の差が喧嘩の原因となってしまう場合が多いです。
そして結婚式というのは女性にとっては愛情の集大成でもあり、そこで男性側にやる気が見られないと、恋愛感情がなくなったと勘違いする、いい加減だと思ってしまうなど、マイナス方面に気持ちが向かってしまうのです。
原因の中には新婚生活という新しい暮らしが待っていることに対する不安も含まれていて、いわゆるマリッジブルーにも近くなってしまいます。
それだけに自分でも制御できない苛立ちに襲われることがあり、幸せの絶頂にいながらも最悪なところ別れてしまう危機に陥ってしまうのです。
もっとも小さな喧嘩くらいなら新しい生活をはじめる前に行っておくのも良く、恋愛感情に支配されている時は脳が浮かれていますが、式の準備は現実を直視するので改めて相手を知ることもできます。
恋人としての恋愛期間は短いですが、夫婦となっての生活は長いです。
まずは結婚式の準備で意見をぶつけ合ってみるのもよく、本当にこの先も夫婦として暮らしていきたいと互いに願っているなら、喧嘩になっても仲直りはできるはずです。
互いに気遣うのは良いですが、遠慮をしていては何時か爆発してしまうので、本音をするきっかけにするのも悪くはありません。
男女の考え方には違いがあるので、そういったことを知っておくとお互いに苛立たずに済みます。
これから夫婦になるといっても、互いに育ってきた環境が違う別の人間です。
相手の気持ちを尊重して寄り添っていく、そういったささやかな気遣いが式の準備だけではなく、今後の新婚生活も上手くいくコツになります。

休日が合わない結婚生活に潤いを。

夫婦が共働きをしていてお互いの休日が合わない結婚生活では、恋愛期間中のような関係を長い期間維持することは難しいです。
ですが夫婦関係ではきちんとお互いの気持を確認しながら、結婚前のような関係も確保しておかないと、良い雰囲気の家庭を作ることはできないです。
ですので休日が合わない場合にも、しっかりと2人の関係を見つめ直して、色々と語り合える場を設定しておくと良いでしょう。
恋愛期間のような2人の関係を思い出すような場として、家庭において設定できるのが、朝や夜などの食事の時間です。
しかも食事だけではなく、料理も2人で作れば色々とコミュニケーションを図れるので、結婚生活に潤いを与えることができます。
料理は色々とアクシデントも発生するので、恋愛中のようなドキドキとした体験をすることが可能です。
もちろん相手に対してイライラとすることもあるでしょうが、一緒に時間を過ごして共通の体験をすることは、2人の関係においてとても大切になってくるので、継続してそういった場を作っておきましょう。
夫婦2人きりの生活であれば、恋愛期間中のような関係をキープすることはそれほど難しくはないですが、子供ができてしまうと、どうしても2人の関係を維持することが難しくなってきます。
とくに共働きで休みのタイミングが違うと、ただでさえ2人きりで過ごせる時間が少ないのに、さらに一緒に過ごせる時間が減ってしまます。
ですが色々と工夫をすれば、子供がいても恋愛中のような関係性を継続することができます。
休日が合わないということは、自分が休みの日には相手が仕事ということなので、相手の生活のリズムに合わせてあげて、仕事終わりに一緒にデートをすると良いでしょう。
子供はベビーシッターを雇えばとても安い費用で安心して任せることができるので、デートの日にはベビーシッターに子供を預けましょう。
2人きりのデートはそんなに多く行なう必要はないので、1ヶ月に1度程度で大丈夫です。
ですがとにかく継続して行なうことが大切なので、どんなに仕事が忙しい状況においても、2人きりでのデートの時間はしっかりと確保しておきましょう。
そうすれば休日が合わない状況においても、しっかりと潤いのある結婚生活を送ることができます。
きちんと2人の気持ちがつながっていれば、家庭の雰囲気も良くなって、子供にとっても良い環境を作れるので、2人の関係を長い期間大切に育んでいくと良いでしょう。

プロポーズを断る理由ってどんなものがある?

男性にとってプロポーズというのは大きな勝負です。
交際中の彼女であれば、喜んで受け入れてくれるだろうと思いながらも、心のどこかで「断られたらどうしよう」という不安も抱いています。
実際に女性がプロポーズを断ることは珍しいことではありません。
2人の男女が恋愛し、離れたくないほど愛し合っている場合には結婚を断る理由などないでしょう。
これは若い世代のカップルが多い傾向にあります。
つまり恋愛と結婚がイコールで結びついているということです。
しかし年齢を重ねていくと、恋愛と結婚がイコールではなくなってきます。
どんなに相手の男性のことが好きでも、価値観が合わなかったり、一緒に暮らすとなると苦労しそうだと感じると、恋愛対象として見ることができても結婚の対象としては見られないという風に恋愛と結婚を別物で考えるようになります。
多くの女性が男性に求める結婚の条件として、まずあげられるのは経済力です。
結婚するということは2人で1つの家庭を築いていくということなので、生活をしていけないようであればどんなに好きであっても結婚することはできません。
仕事をしていない、または仕事をしていてもフリーターであるというような相手からプロポーズをされても、素直に喜ぶことはできないのです。
その他にも結婚に縛られたくないという理由もあります。
女性の社会進出が著しい今日においては、仕事にやりがいを見出している女性もたくさんいます。
結婚してしまうと、家事もやらなければならないため仕事に集中することができませんし、またいずれは子どもがほしいと男性が言ってしまっては、女性は仕事を続けることが難しくなってしまいます。
社会の中に自分の立場を確立したい、やりがいのある仕事を続けたいというのもプロポーズを断る理由として多いのが実際です。
この2つが断る理由として多いのですが、その他にも相手の家族と相性が悪い、相手の男性と結婚を考えるほど深い愛情を持っていないなど様々な理由があります。
男性はプロポーズのタイミングを自分中心に考えてしまいがちです。
仕事が安定してきたから、貯金がたまったから、子どもも欲しいし結婚して両親を安心させたいからなど様々な思いがきっかけとなってプロポーズを実行します。
しかしタイミングを誤ればいくら大好き同士の中であっても断られる可能性があります。
成功率をあげたいのであれば、どのような婚約指輪にするかを悩む前に彼女のことを考えてあげるようにしましょう。

サプライズプロポーズは有りなのか?

恋愛のボルテージが最高潮に上がった時に行われるプロポーズですが、昨今、サプライズ要素を加えて行われることも珍しくありません。
しかし、もしも、そうしたサプライズを考えているのであれば、本当にそれが相手に喜んでもらえることなのかどうかをきちんと想像しなければいけません。
なぜなら、こうしたことを喜ぶタイプの人もいれば、その逆のタイプの人もいるからです。
もしも、サプライズが嫌いなタイプの相手にしてしまうと、最悪の場合、相手の恋愛感情が冷めてしまい、その関係すら終わってしまう可能性もあるため、注意が必要です。
例えば、昨今、流行っている多くの人を巻き込んで行うフラッシュモブのようなプロポーズは、特に相手を選ぶやり方といえます。
もちろん規模の大きなイベント事が大好きな相手であれば、多くの人から祝福を受けながらのプロポーズに喜びや感動を覚えることもあるでしょうが、驚きはしても喜びより恥ずかしいという感情の方を強く感じる方も少なくありませんし、二人きりのイベントにしてほしかったとがっかりされる可能性もあるのです。
ですので、こうした方法を喜んでくれるかどうかを考えることが大切なのです。
ただプロポーズを考えるほどの相手であれば、これまでの恋愛関係の中でどのようなことを喜んでくれるかどうかを把握することはできるはずです。
ですので、一度、これまでの関係を振り返って、有りなのかなしなのかを考えるとよいでしょう。
また内容によっては有りというケースもあるはずです。
例えば、指輪を用意してタイミングを見計らって渡すという方法も相手に内緒で指輪を用意していればサプライズといえるでしょう。
昔から行われてきている古典的な方法ですが、だからこそ、成功率も高く、大きなサプライズは喜んでくれそうにない相手であっても、受け入れて喜んでもらえる可能性が高い方法といえるのです。
プロポーズをする上で大切なことは相手を驚かせることではありません。
自分がどれだけ相手を思っているのかを伝え、ともに歩んでいきたいという気持ちを伝えることが最も大切なことといえます。
この優先順位を間違えてしまうと、ただ自分本位のパフォーマンスと受け取られてしまうことにもなりかねませんので、これまでの恋愛イベントにおいての相手の反応などを思い返して、どの範囲までなら許容できるのかを見極めた上で、どのような方法でプロポーズを行うのかを考えるとよいでしょう。

思わずOKしちゃう?こんなプロポーズのセリフに憧れてます!

結婚は、人生の中で大きな決断となります。
恋愛と結婚は違うという言葉を耳にすることがありますが、恋愛関係から結婚をして夫婦になるということを決意するには、大きな力が必要とされます。
男性から女性へプロポーズするのが一般的であり、男性はどのようなセリフで結婚を申し込もうか、頭を悩ませるものです。
結婚を承諾してもらえるかどうか、プロポーズのセリフが与える影響力は大きいのではないでしょうか。
女性にとっては、一生の思い出として残るものであり、こんなプロポーズをしてほしいという憧れを抱いています。
女性からすると、必ずOKしちゃうのではないかという、理想のプロポーズのセリフについて考えていきましょう。
まずは当然のことながら、全ての女性が望むことは、幸せな結婚生活を送ることです。
それを約束してくれるような言葉は、女性の心をぐっと掴みます。
正統派過ぎると感じる女性もいるかもしれませんが、実際に結婚を申し込まれた経験がある女性に話を聞くと、ストレートに、一生幸せにします、という言葉に感動したという意見が多いことに驚かされます。
回りくどい言葉より、男性の心の声を代弁しているかのような真っ直ぐな言葉に、素直に感動したという女性が多いのが現実のようです。
特に、恋愛中にはあまり自分の気持ちを話してくれなかった男性が、プロポーズの時には男らしく、結婚をしよう、と言ってくれたことに感激したと話す女性も少なくありません。
一世一代の場面だからこそ、飾った言葉よりも、心のこもったストレートな表現を理想とする女性が多いのも納得できます。
とはいえ、オンリーワンの特別な言葉を期待する女性も多いです。
自分のためだけに、男性が真剣に考えてくれた言葉やシチュエーションは、一生の思い出として女性の心に刻まれます。
ホテルの最上階のレストランで、結婚してください、と書かれたケーキがサプライズで登場したら、どうでしょう。
感動しない女性は、いないのではないでしょうか。
普段通りの映画デートだと思っていたら、予告編の間に、結婚してくれませんか、という言葉がスクリーンに登場だなんて、非現実的な展開に驚きつつ、女性からすると、自分が特別な存在になったような気分で、嬉しくない女性はいないでしょう。
プロポーズにとって最も重要なことは、男性が女性のことを真正面から受け止め、どうすれば喜んでくれるのかということを、真剣に考えることではないでしょうか。
その結果としてのセリフに、女性は恋愛から結婚を意識して、本当の意味で心を動かされるといえます。