結婚式の準備で喧嘩するカップルが多いのはなぜ?

恋愛感情が高まって、この人とずっと一緒にいたい、共に未来を歩んでいきたい、そう思った時にひとつのゴールとして結婚を考えるはずです。
そしてだいたいのカップルは結婚式を挙げる流れになりますが、この時に注意が必要となってきて、実は準備段階で喧嘩して別れてしまう、そういったケースは少なくありません。
それではどうしてそんなトラブルの発展してしまうのか、理由の一つとして男女の思考回路の違いが出てきます。
女性の場合、式に対して夢や憧れを抱いている人が多く、そのためには時間をかけて式場を見て回り、決定してからも式そのものから披露宴、二次会などまで細かく内容を決めていくことが多いです。
対して男性にとっては面倒くさいものという認識が強く、無難に終わればいいという考えになります。
これは性格によって異なってきますが、傾向としてはこういう分類になってしまい、この思考の差が喧嘩の原因となってしまう場合が多いです。
そして結婚式というのは女性にとっては愛情の集大成でもあり、そこで男性側にやる気が見られないと、恋愛感情がなくなったと勘違いする、いい加減だと思ってしまうなど、マイナス方面に気持ちが向かってしまうのです。
原因の中には新婚生活という新しい暮らしが待っていることに対する不安も含まれていて、いわゆるマリッジブルーにも近くなってしまいます。
それだけに自分でも制御できない苛立ちに襲われることがあり、幸せの絶頂にいながらも最悪なところ別れてしまう危機に陥ってしまうのです。
もっとも小さな喧嘩くらいなら新しい生活をはじめる前に行っておくのも良く、恋愛感情に支配されている時は脳が浮かれていますが、式の準備は現実を直視するので改めて相手を知ることもできます。
恋人としての恋愛期間は短いですが、夫婦となっての生活は長いです。
まずは結婚式の準備で意見をぶつけ合ってみるのもよく、本当にこの先も夫婦として暮らしていきたいと互いに願っているなら、喧嘩になっても仲直りはできるはずです。
互いに気遣うのは良いですが、遠慮をしていては何時か爆発してしまうので、本音をするきっかけにするのも悪くはありません。
男女の考え方には違いがあるので、そういったことを知っておくとお互いに苛立たずに済みます。
これから夫婦になるといっても、互いに育ってきた環境が違う別の人間です。
相手の気持ちを尊重して寄り添っていく、そういったささやかな気遣いが式の準備だけではなく、今後の新婚生活も上手くいくコツになります。

休日が合わない結婚生活に潤いを。

夫婦が共働きをしていてお互いの休日が合わない結婚生活では、恋愛期間中のような関係を長い期間維持することは難しいです。
ですが夫婦関係ではきちんとお互いの気持を確認しながら、結婚前のような関係も確保しておかないと、良い雰囲気の家庭を作ることはできないです。
ですので休日が合わない場合にも、しっかりと2人の関係を見つめ直して、色々と語り合える場を設定しておくと良いでしょう。
恋愛期間のような2人の関係を思い出すような場として、家庭において設定できるのが、朝や夜などの食事の時間です。
しかも食事だけではなく、料理も2人で作れば色々とコミュニケーションを図れるので、結婚生活に潤いを与えることができます。
料理は色々とアクシデントも発生するので、恋愛中のようなドキドキとした体験をすることが可能です。
もちろん相手に対してイライラとすることもあるでしょうが、一緒に時間を過ごして共通の体験をすることは、2人の関係においてとても大切になってくるので、継続してそういった場を作っておきましょう。
夫婦2人きりの生活であれば、恋愛期間中のような関係をキープすることはそれほど難しくはないですが、子供ができてしまうと、どうしても2人の関係を維持することが難しくなってきます。
とくに共働きで休みのタイミングが違うと、ただでさえ2人きりで過ごせる時間が少ないのに、さらに一緒に過ごせる時間が減ってしまます。
ですが色々と工夫をすれば、子供がいても恋愛中のような関係性を継続することができます。
休日が合わないということは、自分が休みの日には相手が仕事ということなので、相手の生活のリズムに合わせてあげて、仕事終わりに一緒にデートをすると良いでしょう。
子供はベビーシッターを雇えばとても安い費用で安心して任せることができるので、デートの日にはベビーシッターに子供を預けましょう。
2人きりのデートはそんなに多く行なう必要はないので、1ヶ月に1度程度で大丈夫です。
ですがとにかく継続して行なうことが大切なので、どんなに仕事が忙しい状況においても、2人きりでのデートの時間はしっかりと確保しておきましょう。
そうすれば休日が合わない状況においても、しっかりと潤いのある結婚生活を送ることができます。
きちんと2人の気持ちがつながっていれば、家庭の雰囲気も良くなって、子供にとっても良い環境を作れるので、2人の関係を長い期間大切に育んでいくと良いでしょう。

プロポーズを断る理由ってどんなものがある?

男性にとってプロポーズというのは大きな勝負です。
交際中の彼女であれば、喜んで受け入れてくれるだろうと思いながらも、心のどこかで「断られたらどうしよう」という不安も抱いています。
実際に女性がプロポーズを断ることは珍しいことではありません。
2人の男女が恋愛し、離れたくないほど愛し合っている場合には結婚を断る理由などないでしょう。
これは若い世代のカップルが多い傾向にあります。
つまり恋愛と結婚がイコールで結びついているということです。
しかし年齢を重ねていくと、恋愛と結婚がイコールではなくなってきます。
どんなに相手の男性のことが好きでも、価値観が合わなかったり、一緒に暮らすとなると苦労しそうだと感じると、恋愛対象として見ることができても結婚の対象としては見られないという風に恋愛と結婚を別物で考えるようになります。
多くの女性が男性に求める結婚の条件として、まずあげられるのは経済力です。
結婚するということは2人で1つの家庭を築いていくということなので、生活をしていけないようであればどんなに好きであっても結婚することはできません。
仕事をしていない、または仕事をしていてもフリーターであるというような相手からプロポーズをされても、素直に喜ぶことはできないのです。
その他にも結婚に縛られたくないという理由もあります。
女性の社会進出が著しい今日においては、仕事にやりがいを見出している女性もたくさんいます。
結婚してしまうと、家事もやらなければならないため仕事に集中することができませんし、またいずれは子どもがほしいと男性が言ってしまっては、女性は仕事を続けることが難しくなってしまいます。
社会の中に自分の立場を確立したい、やりがいのある仕事を続けたいというのもプロポーズを断る理由として多いのが実際です。
この2つが断る理由として多いのですが、その他にも相手の家族と相性が悪い、相手の男性と結婚を考えるほど深い愛情を持っていないなど様々な理由があります。
男性はプロポーズのタイミングを自分中心に考えてしまいがちです。
仕事が安定してきたから、貯金がたまったから、子どもも欲しいし結婚して両親を安心させたいからなど様々な思いがきっかけとなってプロポーズを実行します。
しかしタイミングを誤ればいくら大好き同士の中であっても断られる可能性があります。
成功率をあげたいのであれば、どのような婚約指輪にするかを悩む前に彼女のことを考えてあげるようにしましょう。

サプライズプロポーズは有りなのか?

恋愛のボルテージが最高潮に上がった時に行われるプロポーズですが、昨今、サプライズ要素を加えて行われることも珍しくありません。
しかし、もしも、そうしたサプライズを考えているのであれば、本当にそれが相手に喜んでもらえることなのかどうかをきちんと想像しなければいけません。
なぜなら、こうしたことを喜ぶタイプの人もいれば、その逆のタイプの人もいるからです。
もしも、サプライズが嫌いなタイプの相手にしてしまうと、最悪の場合、相手の恋愛感情が冷めてしまい、その関係すら終わってしまう可能性もあるため、注意が必要です。
例えば、昨今、流行っている多くの人を巻き込んで行うフラッシュモブのようなプロポーズは、特に相手を選ぶやり方といえます。
もちろん規模の大きなイベント事が大好きな相手であれば、多くの人から祝福を受けながらのプロポーズに喜びや感動を覚えることもあるでしょうが、驚きはしても喜びより恥ずかしいという感情の方を強く感じる方も少なくありませんし、二人きりのイベントにしてほしかったとがっかりされる可能性もあるのです。
ですので、こうした方法を喜んでくれるかどうかを考えることが大切なのです。
ただプロポーズを考えるほどの相手であれば、これまでの恋愛関係の中でどのようなことを喜んでくれるかどうかを把握することはできるはずです。
ですので、一度、これまでの関係を振り返って、有りなのかなしなのかを考えるとよいでしょう。
また内容によっては有りというケースもあるはずです。
例えば、指輪を用意してタイミングを見計らって渡すという方法も相手に内緒で指輪を用意していればサプライズといえるでしょう。
昔から行われてきている古典的な方法ですが、だからこそ、成功率も高く、大きなサプライズは喜んでくれそうにない相手であっても、受け入れて喜んでもらえる可能性が高い方法といえるのです。
プロポーズをする上で大切なことは相手を驚かせることではありません。
自分がどれだけ相手を思っているのかを伝え、ともに歩んでいきたいという気持ちを伝えることが最も大切なことといえます。
この優先順位を間違えてしまうと、ただ自分本位のパフォーマンスと受け取られてしまうことにもなりかねませんので、これまでの恋愛イベントにおいての相手の反応などを思い返して、どの範囲までなら許容できるのかを見極めた上で、どのような方法でプロポーズを行うのかを考えるとよいでしょう。

思わずOKしちゃう?こんなプロポーズのセリフに憧れてます!

結婚は、人生の中で大きな決断となります。
恋愛と結婚は違うという言葉を耳にすることがありますが、恋愛関係から結婚をして夫婦になるということを決意するには、大きな力が必要とされます。
男性から女性へプロポーズするのが一般的であり、男性はどのようなセリフで結婚を申し込もうか、頭を悩ませるものです。
結婚を承諾してもらえるかどうか、プロポーズのセリフが与える影響力は大きいのではないでしょうか。
女性にとっては、一生の思い出として残るものであり、こんなプロポーズをしてほしいという憧れを抱いています。
女性からすると、必ずOKしちゃうのではないかという、理想のプロポーズのセリフについて考えていきましょう。
まずは当然のことながら、全ての女性が望むことは、幸せな結婚生活を送ることです。
それを約束してくれるような言葉は、女性の心をぐっと掴みます。
正統派過ぎると感じる女性もいるかもしれませんが、実際に結婚を申し込まれた経験がある女性に話を聞くと、ストレートに、一生幸せにします、という言葉に感動したという意見が多いことに驚かされます。
回りくどい言葉より、男性の心の声を代弁しているかのような真っ直ぐな言葉に、素直に感動したという女性が多いのが現実のようです。
特に、恋愛中にはあまり自分の気持ちを話してくれなかった男性が、プロポーズの時には男らしく、結婚をしよう、と言ってくれたことに感激したと話す女性も少なくありません。
一世一代の場面だからこそ、飾った言葉よりも、心のこもったストレートな表現を理想とする女性が多いのも納得できます。
とはいえ、オンリーワンの特別な言葉を期待する女性も多いです。
自分のためだけに、男性が真剣に考えてくれた言葉やシチュエーションは、一生の思い出として女性の心に刻まれます。
ホテルの最上階のレストランで、結婚してください、と書かれたケーキがサプライズで登場したら、どうでしょう。
感動しない女性は、いないのではないでしょうか。
普段通りの映画デートだと思っていたら、予告編の間に、結婚してくれませんか、という言葉がスクリーンに登場だなんて、非現実的な展開に驚きつつ、女性からすると、自分が特別な存在になったような気分で、嬉しくない女性はいないでしょう。
プロポーズにとって最も重要なことは、男性が女性のことを真正面から受け止め、どうすれば喜んでくれるのかということを、真剣に考えることではないでしょうか。
その結果としてのセリフに、女性は恋愛から結婚を意識して、本当の意味で心を動かされるといえます。

プロポーズしたら冗談だと思われた!2度めのチャンスはあるのか

プロポーズをする時には、時間や場所をしっかりと考えて行うようにする事で成功する事が多いです。
ほんのわずかなお付き合いの期間であっても、簡単に成功する事もありますし、何十年の間お付き合いをしていて、プロポーズをしても冗談だと思われて、相手にしてもらえない事もあるのです。
恋愛はしているけけど結婚が出来ないという人は、数多く居るのですが、タイミングと、相手の気持ちを考える事が大切となります。
また告白する場所と、その場で何をしている時かによりも生返事となる事にも繋がってしまうのです。
お酒の場でプロポーズをしても冗談だと思われる事がとても多く、レストランやBAR、居酒屋でも同じ状況となってしまう事が多いのです。
実際には断られたという事になり失敗に終わったという事になります。
これだけで諦める事はまったく無いです。
2度めのチャンスも必ずあります。
しかし順序というものがあり、それを守って行く事が大切な行為となります。
仕事仲間や知人などの場合には、長い間、顔見知りとなっていますが、お付き合いもしていないのにいきなりプロポーズをしても無意味になります。
正式にお付き合いをしている事が大前提となり、顔見知り程度で結婚を考える人なんてほとんどいないのです。
お互い恋愛を続けてそれから結婚を考えるようになりますから、相手と顔見知り程度や飲み仲間、仕事上の付き合いぐらいではそう簡単に成功する事は無いと言えます。
この場合と違いお互いが正式に恋愛状態になっていても冗談と思われてしまった場合は、付き合いの長さから間違われている事があるのです。
また相手が返事をするのが恥ずかしいと思う時もあり、内心は嬉しく思っている事もあるのです。
特に長いお付き合いをしている人は、毎日の生活の慣れから結婚なんてどうでもいいと、思っている人も多く、嬉しくても表情に出せない事が多いです。
このような場合のプロポーズは、2度目でも十分にチャンスはありますので、硬い告白をするのであれば、二人っきりになれる場所と、何をしている時に伝えるかを考え抜いて行えば成功する可能性がとても高いです。
一度断られても、きちんと付き合っていれば心配する事はほとんど無く順調に進む事が出来ます。
1度目で冗談と思われてしまっても、特に問題は無く、はっきり断られた時点で恋愛解消とすれば良いだけなので、冗談と思われているのであれば、2度目でも3度目でもプロポーズを行えばチャンスは十分にあります。

プロポーズしたい!そう思ったときの準備

恋愛感情を持った二人が交際に至り、やがて結婚したいということにもなるでしょう。
世の中には様々なカップルがいますが、どのカップルにおいても、恋愛が結婚につながるプロポーズは非常に重要なことであるといえます。
多くのカップルが、男性から結婚を申し込むことが多いですが、中には女性から男性に向けて結婚を申し込むカップルも見られます。
このように恋愛にも重要なプロポーズは、するときにも受ける時に非常に緊張するでしょう。
必ず一回で成功させたいものですが、準備を怠れば失敗してしまう可能性も増えてしまいます。
成功させるためにも、最低限必要な準備は劣らないようにしましょう。
まずは気持ちの準備が必要です。
独身の時とは大きく異なり、これから生活を共していくパートナーがいることは、精神的にも強く、今後の人生において大きな糧となることでしょう。
しかし結婚することで、拘束されることも増えます。
独身の時とは異なり、自由も制限されるので、自由を求めると反対につらくなってしまう可能性もあります。
中途半端な恋愛感情だけでプロポーズに臨むと、結婚した時にこんなはずではなかったと後悔する可能性もあります。
そうならないためにも、二人で一緒に夫婦生活を楽しんでいくという気持ちをしっかりと持って結婚するようにしましょう。
そして不安材料を払拭したり身辺整理をすることも大切です。
本当に結婚して大丈夫なのかと不安に思う人も多く見られます。
金銭面に関しては不安になる人が多く、安定性を求める人が多くみられます。
借金を抱えている人や安定した収入がない人など、身辺的な問題を抱えている場合には、それらを改善してから結婚を申し込むようにしましょう。
これらがどうしても解決できない場合には、一人で抱え込んで黙って結婚を申し込むのではなく、正直に相手に打ち明けることも大切です。
結婚は楽しいことばかりではありません。
苦労も共に分かち合うことが本当の結婚であるといえます。
そして結婚を申し込むタイミングや場所の準備も必要です。
多くの女性たちはロマンチックなプロポーズを夢見ているので、どこでもいいから結婚を申し込むというわけにはいきません。
タイミングや場所をまちがえると、受け入れてもらえないどころか、結婚を申し込んだことに気づかれないということもあり得るので、言葉や場所選びの準備も怠らないようにしましょう。
プロポーズは人生の中で大切なイベントの一つであるため、何かと考えることや準備することが多く大変です。
よい夫婦生活の中で一生の思い出となるような素敵なプロポーズを目指しましょう。

彼にプロポーズされたい…さりげないアピール方法とは

恋愛期間がそこそこになればいよいよ結婚についても意識し始めるものです。
しかしながらいくら恋愛期間が延びようとも、彼氏の方からなかなかプロポーズをしてくれないと悩みの人もいることでしょう。
そんな時には彼女の方からそれとなくアプローチをしてみるのが良いかもしれません。
アプローチの方法は様々あるのですが、ひとつに二人の未来についてさりげなく話をしてみることです。
未来を話し合うということは、即ち結婚をプロセスとして踏む必要がありますから、彼氏もなんとなく意識するようになるはずです。
特に恋愛期間も十分にあり、お互いの関係にこなれてきているようなら余計に意識せざるを得ません。
また、彼女の方から将来のことについて切り出すことで、彼氏との結婚を望んでいるというさりげないアピールをすることができ、勘が鈍くない彼氏なら気持ちにも気づいてくれることでしょう。
ただし、恋愛期間が短いにも関わらずいきなり将来の話をしてしまうのは良くありません。
物事にはタイミングがあり、時期尚早の時に将来のことを切り出してしまうと、重たい女と見られてしまいかねないのです。
いくら結婚をしたくてもアプローチのタイミングを誤ると失敗をしますので注意しましょう。
出産適齢期についてそれとなく切り出すのもプロポーズを引き出すためのコツです。
将来に子供を望む場合、女性からすると気になるのが年齢です。
ですから早く結婚をし、産める時に産んでおきたいと考える女性は少なくありません。
しかしながら男性からすると、その点について少し鈍くなっていることもあります。
ですから彼女の方からタイムリミットが迫ってきていることをアピールしてみると良いでしょう。
彼女の気持ちを汲んでくれる彼氏なら、女性として切実な不安を感じている気持ちを分かってくれるはずですし、そろそろプロポーズをされたいという気持ちも理解してくれるのではないでしょうか。
周りで既婚者が増えていることをアピールするのもひとつの手です。
女性からすると、周りで結婚をする人が増えてくると焦るところもあるものですが、その気持ちを利用して彼氏にアプローチしてみましょう。
とは言え直球で結婚をしたい気持ちを伝えると重く感じさせることもありますので、それとなく周りで結婚をする人が増えてきている現状を伝えてみると良いでしょう。
また、あまりさりげなくはないものの、「結婚ができていいな~」と思っている気持ちを素直に出せば、鈍い彼氏でも分かってくれるはずです。

2人からプロポーズ!?結婚相手の決め手を教えて

恋愛というのは感情面に傾くもので、理性とは相容れない場合も出てきます。
また勘違いも大きく、特に付き合っている、いないの判断は人によって曖昧になってしまうかもしれません。
しっかりと告白して互いの意識を確認してお付き合いをする場合があれば、曖昧なまま何となく付き合い始めた、そういったこともあるはずです。
意識しないまま二股状態になっていた、そういったケースもわりとよくあります。
さらに厄介な問題として2人から同時にプロポーズというサプライズも世の中には存在していて、告白に関しても同様ですが、恋愛に関しては理性の範疇外で物事が起きてしまう場合も多いです。
この時に大切なのは受ける・断るといった判断、さらに受ける場合はどちらを選ぶかといった問題が発生します。
一般的に日本ではお付き合いといえば一対一で行うもので、同時にプロポーズされるといったケースは珍しいかもしれません。
しかし付き合っている相手の他に、義理で見合い話を受けた、付き合っていると勘違いされたなど、可能性はゼロではなく、人によっては二股をかけて確かめていたなんて場合もあります。
この時、片方に恋愛感情があり、一方にはなければ相手を決めるのは難しくありません。
しかしどちらに対しても好意を抱いている、条件が良いといった時には悩んでしまうこともあるはずです。
この時に決め手となるのはさまざまな要素があり、性格や外見、経済力、趣味や好みが共通しているなど、人によって異なってきます。
ただ大切なのは結婚というのは赤の他人同士が一緒に暮らしていくことで、価値観が重要です。
この先に子供が生まれた時に、価値観が異なっていると教育方針などで揉めてしまうことが考えられます。
それと同時に経済力も大切になってきて、愛があればすべて乗り越えられると思うかもしれませんが、現実はそれほど甘いものではありません。
恋愛と結婚は別であり、そのことをしっかりと考える必要が出てきます。
一般的に2人同時からプロポーズといったことは少ないかもしれませんが、恋愛に関してはもしかしてという出来事が起こってしまう可能性は高いです。
その時に後悔しないように正しい方法が選べるのかシミュレーションしておくのもよいかもしれません。
最も恋人だけと付き合っていればそういった問題も起こりませんので、面倒な関係にならないようにすることも大切です。
それゆえしっかりと考えて恋愛をする、これも大切なポイントになります。

プロポーズされたらsns投稿する人の心理

最近は、インターネット網が広がり、パソコンやスマートフォンを持っていれば簡単にネットに接続することができ様々な情報を見ることができます。
インターネットの特徴は、情報を自主的に閲覧することでもありますが、もう一つ斬新なのが自分で情報を発することができる点です。
その一つがホームページやブログでした。
ところが最近はsnsが増加したため、ブログやホームページ以上に気軽に情報を発信することができるようになっています。
自宅だけでなく外出先からも一言つぶやくだけで、インターネット上につながっている仲間がその情報を簡単に閲覧することができます。
これにより、その人がどのようなところにいて何をしているかも簡単にわかってしまうでしょう。
個人的な内容を掲載することもできます。
例えば、恋愛がそれにあたります。
恋愛では、どのような相手とつきあっているかや相手の顔写真と自分の顔写真を掲載する人も少なくありません。
恋愛にとどまらず、その恋愛が発展してプロポーズを受けた時にそれをわざわざsnsに公表する人がいます。
一昔前ではプロポーズを公表するなどは考えられませんでしたが、最近はそのようなことが簡単にできてしまいます。
プロポーズをわざわざ公表することに関しては賛否両論ですが、そもそも本来は相手と自分だけでしか共有しない内容を、第3者に大きく広める理由は何かが気になる人もいるでしょう。
snsを利用してわざわざ第3者に対して内々の情報を伝えようとする人の心理は、承認欲求が強い点に特徴があります。
承認欲求は、だれにでもあるもので、他人に認められたいと思っている欲求のことです。
例えば、何か自慢したいことがある場合に、他人に対して言いふらす人は承認欲求が強い人です。
恋愛の内容やプロポーズの内容をわざわざ閲覧している人に公表する人は、承認欲求が強く、多くの人に認められたい気持ちが強くあります。
性格的には、寂しがり屋な人が多いのが特徴になります。
多くの人に注目してもらうことで、自分の存在をアピールし寂しさを紛らわすことになるでしょう。
また、目立ちたがり屋の人も承認要求が強いのが特徴です。
その内容が閲覧している人を通じて広がっていくことに快感を覚えます。
承認欲求が強い人は、過去に認められてこなかった可能性があります。
子供のころ、親に叱られてばかりいてほめられたことがない人や、ネガティブなことばかりを言われて、寂しい思いをした人は、自然とそのようになっていく傾向があるでしょう。